読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるSEの自己満足

貧乏オタクの生活や趣味、気になったことについて適当に書いていきます(旧・理系院生の自己主張)

未経験者が語るなよゴミクズが!!!

記事のタイトルは過激ですが、おそらく誰もが思っていることではないでしょうか。

 

”未経験者に語る資格なし”

 

これは自分が常に思っていることなんですよね。

具体的にはこんな感じです。

 

・恋人ができたことないのに恋愛アドバイ

・見たことのないアニメ、プレイしたことがないゲームの批判

・使ったこともないグッズや参考書などの紹介

 

こういうのがすごく嫌いなんですよね。だって自分が体験したこともなければ使用したこともないのに何がわかるんだって話ですよ。特にインターネットを見ているとよくこのような人達を見かけますね。

 

なんで自分の妄想と空想でさも自分が経験したかのように語るのか。もちろん例外もあります。体験したことがないからこその意見とかもありますしね。

 

下記記事なんかでも似たようなことを言ったような気がします。

実際にPS4でマウスを使用したこともないのに、あたかも使用したことがあるようなことを言ったり言わなかったり。

 

みなさんも知ったかぶり情報に騙されないように気をつけて下さいね。

 

gatmaster.hatenablog.com

【VenomX】BF1とCOD:IWでマウスを使用してみた感想【PS4】

さて、ついにCall Of DutyBattlefieldの最新作が出揃いましたね。

 

 

 

マウスプレイでの感想

 

どちらもVenomXとPS4コンでお試しプレイをしてみましたが・・・・今回マウスの恩恵はほとんど得られそうにないです。

というのもあまりぴょんぴょんするようなマップの構造をしてないんですよね。頭出しポイントがすごく多いので、パッドの低感度でじっくりリコイルコントロールしてあげるとおもしろいほどキルを稼ぐことができると思います。

自分はもうキーボードとマウスで遊ぶのに慣れてしまったのでパッドでプレイする予定はないです(パッドは埃まみれなので今は触りたくないです)。

 

 

マルチプレイの感想

 

BF1

もうFPSというよりは戦争ゲームですね。第1次世界大戦を体験しているような感覚になります。BF3やBF4に競技性を求めてきた方々にはあまり向かないかもしれません

出てくる銃も基本的にはFPSって感じの銃ではありませんし、コンクエストでは今まで通り戦車が強すぎます。また、毒ガスといった投げ物もすごく強いです。腰撃ちもありえないほど当たるので今までの感じとはまったく違うゲームといって良いでしょう。

比較的初心者に優しいかもしれません。

 

COD:IW

完全にIW製のCODと言えますCOD:MWシリーズやゴーストと操作性はほとんど変わらないです。メニューの選択画面の感じも過去作とまったく同じ感じです。一応設定は未来となっておりぴょんぴょんできますが、かなりおさえめです。CODゴーストのマップをbo2みたいにして、設定を未来にしたゲームというのが一番しっくりきますね。あと、スナイパーがすごい当たりやすいです。これは荒れる予感・・・。

 

 

関連記事

gatmaster.hatenablog.com

gatmaster.hatenablog.com

【FPS】Call of Duty の ドミネーション立ち回り【COD】

今回はけっこうマニアックな話をしていきたいと思います。

CODのドミネにおける立ち回りについてです。

そもそも立ち回りってなんでしょう。よく言われていますが、とても曖昧な言葉だと思いませんか?
YoutubeCODのゲーム実況をやっているゲリーベンさんは立ち回りという言葉がとても嫌いなようです。

www.youtube.com

自分も記事タイトルに”立ち回り”と付けていますが、この言葉には違和感を感じまくっています。
では、ここで言う立ち回りとは何なのか。それは、”考え方”だと思います。

このマップでこの状況、さぁどうする!?

これが考え方ですね。もちろんその時々によって変わってきますし、絶対的な正解があるわけではないです。
でも、勝ちの可能性を高める選択肢は存在すると思います。
今回はそのような選択肢の選び方を紹介していきたいと思います。



3本の道

CODのマップはどのシリーズもほとんど同じです。
何が同じかというと、構成が同じなんです。
具体例をBO3のマップ、REDWOODで説明したいと思います。

f:id:gatmaster:20161006231408j:plain

CODのマップは基本的にA旗とC旗を3本の道で繋いでいます。
左、中央、右です。
そんでもってだいたい中央の通路の真ん中にB旗があります。
では、左右の道は似たようなものなのか。いえ、かなり違います。
CODのマップにおける左右の道の違いは、B旗へ寄り道できるかできないか(見えるか見えないか)です。
つまり、以下の種類の道に分けられるわけです。

・B旗のある中央通路
・B旗に寄り道できる横通路
・A旗とC旗を直接結ぶ、B旗に寄り道できない(B旗が見えない)横通路

ここで初心者の方に教えておきたいことは、この3つ通路のうち、最後の横通路は使用しなくても良いということです。
むしろ、使ってはだめです。
苦肉の策として上級者が使用する分にはアリかもしれませんが、野良で平均キルレ2以下、平均SPM500以下の方はだめです。
リスが変わるかもしれないレベルで敵のリスまで回って裏をとることにメリットはほぼありません。
だったらBの見れる方の横通路を敵を倒しながら進んで(掃除して)裏を取った方がましです。



開幕直後の動き方

開幕直後、みなさんはどう動くでしょうか。
A旗、もしくはC旗をとるでしょうか。
旗をとることはもちろん正解です。でも、開幕直後はB旗に突撃するか、B旗に来る敵を倒しやすいポジションにダッシュした方が良くないですか?
自分のリス側のA旗、C旗は簡単にとれます。でも、B旗は一番とりにくいです。AやCは1、2人でとれば十分です。

ちなみに開幕直後の裏取りはあまりよくないです。状況やマップによってはけっこう有効だったりするのですが、それを理解してできる人はなかなか・・・大体無駄行動になります。
理想としてはB旗に真っ先に乗って、同じくB旗に走ってくる敵を倒しながら(ポイントうまうま)確保することです。
もしくはB旗のよく見える有利ポジで敵の確保を丁寧に阻止することですね。



装備について

裏をとるなら音を出す装備をつけないのが常識です。意外とバタバタ足音立てて、敵のマップに映りながら横の通路から裏をとろうとする人が多いです。
初心者の方はまず装備からしっかりと考えていくべきですね。
正面の通路をガンガン攻める場合は足音系のパークやゴースト、サプレッサーなどは必要ありません。リスするたびにこまめに装備を変更するのがオススメです。



敵を待つなら

一時停止して敵を待ち伏せる場所は選びましょう。
自分のチーム側の旗とB旗の間で待つのは、B旗を守る場面です。B旗を取りにいく立場であるときは、そんなところで待ってないで、もうちょっと前に出て待ちましょう。
具体的に言うならば、B旗と敵側のリスの間で待つのが良いです。味方がB旗に入りやすくするのを意識します。
すでに味方がそのポジションにいるのであれば、全力でB旗に入って味方が見ていない方向や、敵が来そうな方向を見ます。
”そこで待ってて旗がとれるのか”を意識すると、かなり今までの動きと変わってくると思います。



味方の強さを見極める

これはものすごく大事なことです。
味方の強さによって自分の役割などの動きを変えるのです。

・味方がある程度の実力を持っている場合
全力でB旗にひたすら突撃しまくるのがベストです。旗取り要員となりましょう。
とりあえずB旗周りの有利ポジションをどんどんとっていきましょう。
正面からの勝負が多めになりますね。

・味方が残念な場合
負ける可能性が高い場合は賭けに出るのも良いと思います。
正々堂々いってもボコられそうな場合はゴーサプで敵を倒すことだけを考えます。
敵のスコアストリーク発動を避けつつ勝利のチャンスをうかがいます。

味方の強さはどのようにしてわかるのか。それは、開幕直後の動きとロビーランキングで大体わかります。
ロビーランキングは月間キルレとSPMを見ます。どちらかというとSPM重視で判断します。

例)キルレ1.5 SPM460 普通〜強い
  キルレ2 SPM380 弱い〜普通

例)開幕直後B旗突撃 実力あり
  開幕直後自分側の旗をとる 実力なし
  B旗を無視した動き 負け濃厚
  装備がスナイパー 負け濃厚



今回紹介したのは、ドミネーションにおける考え方の一部にすぎません。
しかし、ちゃんと考えるだけで試合の流れはぜんぜん変わってきます。
自分なりにマップごとに動きのパターンをいくつか考えておくことで、だんだん強くなっていくと思います。
旗は守るよりも攻める方が難しいです。開幕直後の動きは特に重要だと思って間違いないと思います。

今後は動画化してもっとわかりやすく説明できればと思っています。
ちなみに過去作になりますが、Arisaka-99さんのBO2DOMキル稼ぎ講座はかなりためになるのでオススメです。
他のモードに関しては自分はそこまで極めてないのでなんとも言えません・・・。




関連記事
gatmaster.hatenablog.com

gatmaster.hatenablog.com

【最新作】COD:IW(MWR)とBF1どっちを買うべきか【FPS】

いよいよ2大FPSタイトルの発売日が1ヶ月を切りました。

それはCODとBFです。

 

 

Call of Duty Infinite Warfare (+Modern Warfare Remastered)

11月4日発売予定

 

 

Call of Duty の最新作であり、COD:AW、COD:BO3に続いて未来戦3作品目となります(壁走りや2段ジャンプはないが、COD:BO2を未来戦とするならば4作品目)。

 

こちらがPVです。


Official Call of Duty®: Infinite Warfare – Story Trailer

 

今までになかった宇宙戦を取り入れるようで、ますます現代戦から遠ざかっていく感じですね。ちなみに過去作であるModern Warfareのリメイク版付きを購入することで、現代戦を舞台とした最新作もプレイすることができます。現代戦・未来戦の両方楽しみたい方、少人数での撃ち合いや無双を楽しみたい方はCODの方がオススメですね。

 

 

 

Battle Field 1 

10月21日発売予定 

 

 

今までのBFとはまた一味違った最新作となりましたね。CODが未来戦を突き進む一方でBFは第1次世界大戦が舞台となっています。

 

こちらがPVです。


バトルフィールド 1:公式Gamescomトレーラー

 

β版をやってみた感想としては、eSports感、つまりFPSにおける競技性は低いものの、新たなFPSを楽しむことができると感じました。銃声、爆風、あとグラフィックにおいてはまた1段階レベルが上がったと感じました。PS4などのCS機で視野角を変更できるシステムを取り入れたのはBF・CODシリーズの中では初だと思います。

リアルな戦争ゲームを求めるなら断然BF1がオススメですね。

 

 

 

 

おまけ

COD:IWとBF1におけるマウスの有用性について

 

まだCOD最新作においては未確認ですが、2段ジャンプや壁走りが確認できるためマウスの方が若干有利となる可能性はあります。

BFにおいては過去作になるBFH、BF4ではマウスの有用性は低いと感じましたが、β版でマウスを使用してみたところ、そこそこ使えるんじゃないかと感じました。詳細について気になる方はTwitterなどで聞いてもらえれば答えたいと思います。

 

今後、両作品をマウスでプレイしていく予定なので、ゲーム自体の情報と合わせて発信していけたらなと思います。

ではでは。

 

 

関連記事

gatmaster.hatenablog.com

 

コードギアス反逆のルルーシュから学ぶ英語 Part 1

f:id:gatmaster:20160918154807j:plain

みなさんは”コードギアス反逆のルルーシュ”というアニメはご存知でしょうか。
おそらく知らない人はいないというくらい有名なアニメで、その内容のおもしろさから今でも数多くの人に見られている作品となっています。
もちろん海外でも人気のある作品となっており、英語吹き替えバージョンもネットにアップロードされているくらいです。

ということで、今回はそんな人気作品を見ながら楽しく英語を学習していこうと思います。

以下ネタバレ注意

覚えたいセリフ集


f:id:gatmaster:20160918155403j:plain

ルルーシュ「僕は...スザク...僕は...ブリタニアをぶっ壊す!」
Lelouch「I swear... I swear, Suzaku, so help me. I will one day obliterate Britania!」



f:id:gatmaster:20160918155618j:plain

ルルーシュ「王様から動かないと、部下がついてこないだろ。」
Lelouch「If the king doesn't lead, how can he expect his subordinates to follow?」


f:id:gatmaster:20160918160227j:plain
ルルーシュルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる。貴様たちは死ね。」
Lelouch「I Lelouch vi Britania, command you... now all of you... die!」



おまけ
f:id:gatmaster:20160918160414j:plain
ナガタ「日本・・・万歳!」
Nagata「Long live Japan!」

コードギアスは真似したくなるような厨二病的なセリフが多いので、サクサクみることができると思います。
まだ作品自体を見ていない方はぜひ日本語版から見ると良いでしょう。

スポンサーリンク