とあるSEの自己満足

貧乏オタクの生活や趣味、気になったことについて適当に書いていきます

学生がアルバイトで103万円以上稼ぐのはよくない!? 学生のアルバイトと税金の事情

一部の高校生、大学生ならば誰もが1度は調べること。

そう、103万円の壁についてです!

f:id:gatmaster:20150304200434j:plain

 

一般的に学生が1年間で103万円以上稼ぐのはよくないと言われています。では、なぜよくないのか、超えたらどうなるのかについてまとめていきたいと思います。

 

 

1.アルバイト収入が103万円を超えてはいけない理由

 

学生が1年間に103万円以上稼いでしまうと、親の扶養親族からはずれてしまいます(1月の収入~12月の収入の合計、つまり昨年12月分のアルバイト給料~今年11月分のアルバイト給料)。結論を言うと、親にかかる税金が上がってしまう可能性があるのです(親が扶養控除を受けられなくなり、税金が上がる可能性がある)。具体的に何円ほど上がるのかは家庭によって異なります。

 

 

2.なぜ103万円なのか

 

扶養親族の条件は4つあるのですが、そのうちの1つ、「合計所得金額が38万円以下であること」に由来します。

合計所得金額とは、給料所得から給料所得控除(65万円)を引いたものです(株とかアフィリエイトとか給料じゃない所得がある場合はそれらをこれに足しますが、普通の学生は気にする必要はないですね)。

つまり、98万円稼いだ場合(すべてアルバイトの給料で、他に収入がない)、

98万円ー65万円=33万円が合計所得金額となります。

38万円を超えていないので扶養親族からははずれません。

一方で、108万円稼いだ場合(すべてアルバイトの給料で、他に収入がない)、

108万円ー65万円=43万円が合計所得金額となり、扶養親族からはずれてしまいます。

 

 

他にも100万の壁や130万の壁などがありますが、とにかくアルバイトの給料でのみお金を稼ぐ学生は103万円さえ超えなければ良いのです。人によっては超えても大丈夫ですので、どうしても103万円超えて稼ぎたければたくさんの情報を入手して大丈夫か確かめてください。

 

 

 

みんなが欲しかった! 税理士 簿記論の教科書&問題集 (1) 損益会計編 2015年度

みんなが欲しかった! 税理士 簿記論の教科書&問題集 (1) 損益会計編 2015年度

 

 

スポンサーリンク