とあるSEの自己満足

貧乏オタクの生活や趣味、気になったことについて適当に書いていきます(旧・理系院生の自己主張)

世帯年収200万前後の母子家庭から東大(東京大学)に合格!努力厨は氏ね!

本日は東大の合格発表日で、弟が東大に合格しました(ちなみに自分はセンターボーダーでいうと80%前後の国立大学に4年前合格しました)。

f:id:gatmaster:20150310170337j:plain



f:id:gatmaster:20150310170451j:plain:left
希望の進路に進ませてくれた母親に感謝し、これからは恩返しするために兄弟でがんばっていこうと思います。




ここからが本題です。

二人とも希望の進路に進めた今だからこそ言えることがあるので、適当に愚痴や意見などをこぼしていきたいと思います。非常に偏った意見なども持っているので、嫌な人は速攻でブラウザバックすることをオススメします。



よく、「努力すれば⚪︎⚪︎大学にいける。お金がないとか言ってるのは甘え。奨学金があるじゃん。」
こんなこと言ってる池沼馬鹿がいますが、これは大きな間違いだと思います。レベルの高い大学に合格できるかどうかは親の経済力に9割かかっています(やりたい勉強のある大学がそこまで難易度が高くない場合は、多少環境が悪くても努力でなんとかなりますが・・・)。
この事実を親はよく理解するべきです。子供の将来の可能性は親にかかっているんですよ。

結局何が言いたいのかというと

子供が小さいうちからちゃんと教育しろ!

これです。自分達は小さい頃からドラえもんの算数系の漫画を買い与えられたり、朝早くに100マス計算をやらされたりしていました(仕事で忙しいのによくやってくれましたよ)。
子供が将来どんな進路を希望するかわかりませんが、その可能性を広げてあげるのが親の仕事だと思います。今では本当に母親に感謝しています。


かけ算・わり算 (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの算数おもしろ攻略)

かけ算・わり算 (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの算数おもしろ攻略)

スポンサーリンク