人生ベリハ

人生ベリーハードモードのオタクが書きたい事を買いていくブログです。

プロゲーマー専門学校「学費は年145万ね。」 僕「え?」

2016年の4月からついに東京アニメ・声優専門学校にプロゲーマーになるための専門コースができるそうです。

f:id:gatmaster:20151001023304p:plain

www.anime.ac.jp

 

 

プロゲーマーについて

そもそもプロゲーマーってなんぞやという話なんですが、その名の通りプロのゲームプレイヤーのことですね。

ゲーム会社などがスポンサーとなって金銭面のサポートを受けながら大会などへ出場したりする人たちのことです。プロゲーマーの明確な定義はないようですが、”スポンサーがついている”ことや”大会などでの実績がある”などといった条件をクリアしていることがプロゲーマーを名乗るのに必要なことではないかと僕は考えています(様々な人の考察からたどり着いた持論)。

ちなみにeSportsが盛んな韓国ではプロゲーマーが立派な職業として確立されていてテレビなどでもその試合が放送されていたりするみたいです。

※eSportsとはelectronic sportsの略称で競技性の高い対戦型のゲームをスポーツとして扱う時の名称です。

 

日本ではまだまだプロゲーマーは職業としてなかなか認知されてはいませんがつい最近になってやっとテレビニュースなどにも出てくるようになりました。

www.youtube.com

 

動画内にも紹介がありましたが以下は日本の代表的なプロゲーマー集団DetonatioNのホームページです。League of Legends (LOL)、BATTLEFIELD (BF)、Starcraft2、Alliance of Valiant Arms (AVA)、大乱闘スマッシュブラザーズなどのゲームにおけるプロを束ねているチームです。

team-detonation.net

 

 

プロゲーマーの現実について

一見華やかな世界にも見えるようですが、現実はやはり厳しい面もあるようでこちらの元プロゲーマーKUNさんの動画内ではたびたびその点について触れられています。

www.youtube.com

 

 

前置きが記事の大部分を占めてしまいましたがここで本題です。ついにプロゲーマーを目指すための専門科ができたわけですが、なんと学費が年に145万円もするそうです。

http://chigesoku3.doorblog.jp/archives/43636613.html

 

私立の大学の学費よりもひょっとしたら高いのではないでしょうか。日本ではeSportsが発展することなく、eSportsに興味のある少数の人間を買い手としたビジネス(搾取)が発展することになりそうですね。

いや、だって職業として認知度も高い声優もありえないほどの倍率がある上にそれだけで食べていける人間はごく少数じゃないですか。自分の周りにもかつて声優を目指し夢半ばでフリーターの道へ進んだ人間が2、3人ほどいましたが...。プロゲーマーというまだまだ先の見えない何かを目指す学科の設立は気が早いような...。

YouTubeの専門学校と同じように意味がないような感じがします。親がお金持ちで働かなくても良い人間の道楽としては良いかもしれませんが一般の人間は近寄らない方が良いですね。

 

というわけで今回はプロゲーマーについての記事でした。

スポンサーリンク